押し釦式電車は冷たく温かい

おしぼたんしきでんしゃはつめたくあたたかい【登録タグ: CUL 結月ゆかり 蒼姫ラピス 魔法少女になれなかったP

曲紹介

  • 魔法少女になれなかったPの108作目

歌詞


恋が実ならないこと知った暖かい日

鈍行の押しボタンを押して乗り込む
同じ場所本を読んでた君を見つめた
1駅2駅とページを捲る
瞳は合わない→モヤモヤ気持ち

トビラ開いて君との距離は伸びて遠くなったけど
少しだけアイサツができるようになりました
僕はまだ君の背景だけど何を言えばいいのかな
登場人物になりたい→無理ですね

落ちた落ちた雨
落ちた落ちた雪
落ちた落ちた恋
落ちた落ちた僕
声をかけろ→無理
恥ずかしがるな→無理
勇気を持て→無理
シャイな僕には

気持ちグルグルで
ドキドキな鼓動
息切れハアハア
のどが渇いてく
オハヨこんにちは
今日も素敵です
僕と付き合ってみませんか?


鈍行の押しボタンを押して降りてく
いい匂い君の残り香、今日もできない
声をかけれなかった気持ちは暗く
ボロボロ崩れた→僕の精神

トビラ開いて君との距離は伸びて遠くなったけど
少しだけ前進をさせてもらいました
僕はまだ君の背景にもなれていませんです><
お友達になりたい
君のそばにいたい


恋が実ならないこと知った暖かい日
「寒い」目覚めとともに、浴びる暖かい日
押しボタンの鈍行
君はどこに乗って
押し釦を押してどこに向かっていく?

コメント

  • 追加おつ! -- 名無しさん (2013-12-03 21:09:32)
名前:
コメント: