陽炎デイズ

かげろうでいず【登録タグ: 初音ミク 殿堂入り 綿飴
作詞:綿飴
作曲:綿飴
唄:陽炎の中の人の音声を使用したソフトウェア音源の改三(初音ミクV3)

曲紹介

「プロジェクト?いいえ、知らない子ですね。」
  • 綿飴 氏の24作目。
  • 曲名の由来はブラウザゲーム「艦隊これくしょん~艦これ~」に登場する艦娘「陽炎」。
  • イラストを 沈(しず) 氏が手掛ける。

歌詞

8月の15日の うだるような暑さでバテていた
「アイス食べたい・・・」

執務室にこだまする 提督の悲鳴が聞こえてきた
今日も、鎮守府(ここ)は平和です。

でもさ 何かおかしいな 鎮守府に猫なんて居たかな
「ただの勘違いだよ君の」
脳裏に浮かぶ姿は 猫を吊るして 笑った

飛んできた徹甲弾が 執務室へと吸い込まれ
突如に轟音 爆ぜて燃え上がる
わざとらしい砲撃で 眩む視界が白くなり
「エラーが発生しました」 と

沈む夢を見てました 8月15日の朝でした
「頭がいたい・・・」

提督はデイリークエ 建造の指示を出していました
雪風が欲しくて

24分の数字 鎮守府が歓喜に包まれる
「やっと会えた!」 と出た瞬間
解体の指示を出した クレーンの上で 猫が

落下してきた鉄球が 提督めがけ降り注いで
地面にめり込み 火薬も誘爆
嘘みたいな爆発の 炎見つめ笑う影は
妖精さんによく似ていた

ずっと貴方を探してた 陽炎は現在(ここ)に戻る
弾丸の雨のかわり 猫の雨が降るのでしょう
瞳の中に映したのは・・・

機雷にぶち当たり 瞬間最期悟った時
赤く燃え上がる 炎に包まれ
嘘みたいな光景に 眩む視界閉じる前に
どこかで猫が笑った気がした

8月の14日に 嫌な夢を見た気がしてました
「またダメだった」
執務室のドアの先 猫がこちらを見て笑いました

コメント

これ以上、荒れるのを防ぐため、コメント欄を閉鎖します。