極東ロマネスク

きょくとうろまねすく【登録タグ: 卑屈P 鏡音レン

作詞:卑屈P
作曲:卑屈P
編曲:卑屈P
唄:鏡音レン

曲紹介

  • 歌詞には日本百景の全ての景勝地名が散りばめられている。
  • イラストは 霧雨。氏 が手掛ける。
  • CD 『未来想造少年』 収録曲。

歌詞

詣(まい)れ江ノ島 鳴門は渦潮
気仙沼にひとり ふたり石巻

高千穂 長瀞(ながとろ) 恵那(えな) 奥裾花(おくすそばな)
大歩危(おおぼけ)小歩危(こぼけ)に 色めいて奥多摩
大山(だいせん) 霊山(りょうぜん) 駒ケ岳合間に
霧島賑わいて

嬉野行きて 唐津湾
保津から宇治へと赤穂御崎(あこうみさき)

日本平の 富士裾野
白糸の滝に打たる
高尾気まぐれ 伊藤湯の
癒やす八ヶ岳 極東ロマネスク

九十九島を 飛び越え川上(かわかみ)
花巻ひらりと 登別きらり

下津井(しもつい) 浦富(うらどめ) 鳥羽湾 男鹿半島
鏡ヶ浦(かがみがうら)寄って 御浜鬼ヶ城(おはまおにがじょう)
笹川流れて 青海島(おうみじま) 直ぐそこ
やがては 九十九湾(つくもわん)

赤城と妙義(みょうぎ)の誉れ
山中 片山津 和倉も

尾瀬は遥かの 三段峡
先山(せんざん)の夜 兎和野原(うわのはら)
筑波の麓 霞ヶ浦
轟(ごう)の滝揺れて 極東ロマネスク

そして姥捨(うばすて) 今度は石鎚(いしづち)
さよなら阿賀川(あががわ) またきて猪苗代

錦江(きんこう) 沼津に 高田松原(たかたまつばら)よ
新舞子見渡して 松川浦から
耶馬渓(やばけい) 長門峡(ちょうもんきょう)
層雲峡 帝釈峡(たいしゃくきょう)
最後に 猊鼻渓(げいびけい)

清澄 忘れぬ雪彦(せっぴこ)
手を引いて信貴山(しぎさん) 大台ケ原(おおだいがはら)

富士川(ふじかわ)抱いて 一碧湖(いっぺきこ)
菅沼(すげぬま)湧いて 木曽田立(きそただち)
赤目四十八滝(あかめしじゅうはちたき)が
朝熊山(あさまやま)濡らす 極東ロマネスク

蒲郡(がまごおり) 光は室積(むろづみ)
忠海(ただのうみ) 水面は田沢 加茂

千光寺 鳥海山(ちょうかいさん)

中禅寺(ちゅうぜんじ) 湿る洞爺湖
宍道湖(しんじこ) 魅せる江の川(ごうのかわ)
東山 青根 三朝(みささ)と 祖谷渓(いやけい)
寒霞渓(かんかけい) 面河渓(おもごけい)

芦原(あわら) 神庭(かんば)と 箕面(みのお)の瀑
久住(くじゅう) 飯田(はんだ)の高原に
古座(こざ) 英彦(ひこ) 良しや 秋吉台
魚住 総て さあ 極東ロマネスク

コメント

  • 追加おつ!勉強になる。 -- 名無しさん (2013-12-30 23:19:48)
名前:
コメント: