私のクリスマス

わたしのくりすます【登録タグ: 初音ミク 空海月
作詞:空海月
作曲:空海月
編曲:空海月
唄:初音ミク

曲紹介

言葉にできないこの気持ち
  • けっして派手ではないクリスマスの日。だけどやっぱり何かいつもとは違う、そんな曲です。言葉にできない気持ちを感じてくれたら、本当に嬉しいです。(作者コメ転載)
  • イラストは しげ。氏 が手掛ける。

歌詞

誰もいないホームで 30分電車待ち
君とベンチに座り お尻も少し冷たい

君と話す話題も そんなに多くないけど
あいづちを打ってくれる それでいいの
風が吹き抜けてく

夕日も山に沈み 紺色が落ちてくる
弱々しく灯った 街灯も凍えてる

突然手渡された 甘めの缶コーヒー
君の暖かさを感じてるの

やっと乗れた電車から 暗い雲を見上げる
白い雪が降り出し はり付いては消えてく

イルミネーションもなく サンタも来ない町で
君の温もりだけを 感じていたいの・・・いたいの・・・
雪が降り積もってく

コメント

名前:
コメント: