Beginning of the end

【登録タグ: B GUMI テラ小室P

作詞:テラ小室P
作曲:テラ小室P
編曲:テラ小室P
唄:GUMI

曲紹介


歌詞

擦れてく白い文字が告げる 声さえ出せないまま
街角に転がる空き缶を 拾い上げる様に

すれ違う坂道を 振り返らず歩いた
抗えない運命 捻じ曲げた青い影
先の見えない未来なら
最後の文字に答えを求めて

誰かを傷つけるよりも 一人の夜を飛び越え
交わす言葉足りないまま 明日の扉を開いて
放たれた光の道と 同じ軌跡追いかけて
弱さを抱えられぬまま 街の色を染めてゆく

悲しみが残す真実さえ 触れずに過ごす様に
少しづつ重なった想いを 躊躇い誤魔化した

誰も居ない窓から 差し込む月の灯り
同じ姿追いかけ 身を寄せた赤い壁
明日の行方を追い続け
枸櫞(くえん)の香りに身体を委ね

壊れた硝子の欠片を ひとつひとつ探す様に
僅かに触れた指先が 冷たく震え始める
巡り合う偶然よりも 自分を信じられたら
どれだけの時を過ごして 変わる事が出来たなら

誰かを傷つけるよりも 一人の夜を飛び越え
交わす言葉足りないまま 明日の扉を開いて
放たれた光の道と 同じ軌跡追いかけて
弱さを抱えられぬまま 街の色を染めてゆく

壊れた硝子の欠片を ひとつひとつ探す様に
僅かに触れた指先が 冷たく震え始める
巡り合う偶然よりも 自分を信じられたら
誰よりも愛していたい
素直になれた
Beginning of the end


コメント

  • 追加乙! -- 名無しさん (2014-01-23 22:01:37)
名前:
コメント: