郷愁サンバ

きょうしゅうさんば【登録タグ: オレジナルP 巡音ルカ
作詞:オレジナルP
作曲:オレジナルP
編曲:オレジナルP
唄:巡音ルカ

曲紹介

紙とペンで描いたこの街の思い出さえ
  • イラストと動画を ほのか氏 が手掛ける。
  • 九州コンピレーションCD『Qusic』、配信作品『ordinary day's music』収録曲。

歌詞

怖がりな君をつれて 夕暮れの街外れ
はしゃいで作った秘密基地 今は大きなビルに

黙ってる君を見てた 窮屈な基地の中
心の垣根乗り越えず 笑ってるふりだけ

言葉にする勇気さえ 見つからず逃げてた
小さな想いは 小さな嘘で固め飲んだ

紙とペンで描いた この街の思い出さえ
色褪せたまま溶けて消えてしまう

泣いたり笑ったりしてた帰り道 君の声が響く
信号、赤に変わる

2月の陽だまりと影 待ち合わせ ふくれっ面
四角に切り取った夕焼けも 胸の奥秘めたまま

遠く 臆病な僕の叫び 写真の中
伝えられずバスは 走りだしていく

紙とペンで描いた この街の思い出から
次の駅へ向かう 夜を追い越して

泣いたり笑ったりしてた帰り道 君の声が響く
信号、青に変わる…


コメント

  • 追加乙! -- 名無しさん (2014-01-27 20:28:51)
名前:
コメント: