夢的嗅覚少女の夢遊

むてききゅうかくしょうじょのむゆう【登録タグ: galaco ヒダリガワすらっしゅ

曲紹介

夢の匂いを頼りに、最期迄には貴方のもとへ
  • ヒダリガワすらっしゅ氏 の54作目。
  • ギャラ子様のリミット前にもう1曲だけどうにかして作ろうと思って作っておいてあった曲です。(作者コメ転載)

歌詞

ひび割れしたアスファルトに いつか雨が差して
来年の春にはきっと花を咲かせる

あーあ やんなっちゃうな こんなの
あーあ やんなっちゃうな こんなの

理想通りは混じりけのない単色な一本道
静かな夜に無数の人の空想を掻き分けてゆくわ
最近はちょっとビターな要素が多いみたいで苦いわ 
もうちょっと甘くしてあげられればいいのになぁ

夢の匂いを嗅ぎ分けて あたし 貴方に会いにゆく
瞳閉じた夜にしか 思い出してくれなくてもいい
夢的嗅覚少女は 懐かしい匂いが恋しい
そろそろ日が昇る頃 おやすみ、また明日会いにゆく

昨夜帰り際に覗いた 二丁目の少年の
夢は甘く初恋に染まってました

あーあ どうなっちゃうの こんなの
あーあ ほっといちゃうよ そんなの

理想通りは混じりけのない単色な一本道
静かな夜に無数の人の空想を掻き分けてゆくわ
全然気付きやしない それで当たり前なのよ、いいの 
もうちょっと起きていられたら ・・・なんて矛盾でしょう

夢の匂いを嗅ぎ分けて あたし 貴方に会いにゆく
瞳閉じた夜にしか 思い出してくれなくてもいい
無敵不死身のヒーロー 液晶の中で揺らめいて
いいな 少し分けて欲しい これぞまさに夢じゃなかろうか

夢的嗅覚少女は 貴方の夢の匂い追い

星がまだ煌めいて
貴方に夢を見せてるうちは
誰よりそばにいたい我侭も
見つからないような気がして
立っていられたんだ

夢の匂いを嗅ぎ分けて あたし 貴方に会いにゆく
瞳閉じた夜にしか 思い出してくれなくてもいい
夢的嗅覚少女は 懐かしい匂いが恋しい
そろそろ日が昇る頃 だけど「おやすみ。」はもう言えない

夢的嗅覚少女は 幾千の夢を嗅ぎ分けて
必ず貴方のもとへ 最後はたとえ塵になったって
無敵不死身病的に 次第に溶けて行きながら
最期は貴方のもとで 約束を果たして消えるわ

コメント

  • 追加乙! -- 名無しさん (2014-02-02 19:49:50)
名前:
コメント: