逢瀬の果て

おうせのはて【登録タグ: kalic 初音ミク

作詞:kalic
作曲:kalic
編曲:kalic
唄:初音ミクAppend

曲紹介

  • kalic氏の6作目
  • 切ないバラードに仕上がっている

歌詞

ピアプロより転載)

春に咲いた花とともに僕らは同じ夢を見た
二人の未来をかたちにしてゆくと決めたんだ

欠けた月、碧い夜空が音を奏ではじめる

抱きしめた君のからだは昨日よりも小さく感じて
サヨナラの夜が終わりを告げる時 ゆっくりと零れ落ちた涙


言葉にできない想いまだ胸の中で泣いてる
出会った日と同じようにただ笑っていてほしい

止まらない時間の波は決して引くことはない

抱きしめた君の温もりがまだこの手に残って消えない
二人の歩いてきたひとつの道がふたつになって明日を照らす


流されて辿り着く未来に終わりはないから


抱きしめた君のからだは昨日よりも小さく感じて
サヨナラの夜が終わりを告げる時 戻せない記憶となる

優しく照らす光の中見えているのは君のまぼろし
今もまだ消せない想い アイシテル そう君に伝えたい もう一度



コメント

名前:
コメント: