秋空探検迷走録

あきぞらたんけんめいそうろく【登録タグ: KAITO かくして画面に現れたるP

曲紹介

消えない足跡を、残すんだ。

歌詞

VCLFAN.NETより転載)

いつもの通学路を 外れてみる放課後
ガラスのビルに映る 秋の初めの空

カラフルなビーズを 集めて繋ぐような
ささやかな一人旅 目的は自分で 決めたんだ

季節よりも早く街の 色を塗り替えるプロモーション
何もなかったように 虹が消えてしまう前に

ひとつ角を曲がって ひとつカケラ拾って
はじめての路地抜けて 次の色に会いに行く
ひとつ記録綴って ひとつ地図にピンを刺す
一人きりの探検を 見守る空は 青の色


意味なんてなくたって 別にいいと思った
でも誰にも届かず 消えるのは悔しい

同じ色のビーズを 探す誰かのもとに
この地図が届いたら そう思うと足も はずむんだ

子供の頃見た景色に 不意に立ち止まるノスタルジー
迷い道繰り返し 時間(とき)は過ぎるように見えても

ひとつ涙こぼして ひとつ勇気ふるって
いつの間にか世界は こうして広がるのかも
ひとつ記憶重ねて ひとつ前に踏み出せば
続く線路はいつの日か あの街にまで 届くかな


季節よりも早く街の 色を塗り替えるプロモーション
何もなかったように 虹が消えてしまっても
消えない足跡を 残すんだ

ひとつ汗を拭って ひとつアイスかじって
見慣れた道戻って そろそろ帰ろうか
ひとつ雲が流れて ひとつ明日に近づく 
一人きりじゃないから 見上げた空は 青の色
見つけた空は 青の色



コメント

名前:
コメント: