君の彩る旋律

きみのいろどるせんりつ【登録タグ: IA kokone 真理恵 黒瓜丿美

作詞:黒瓜丿美
作曲:黒瓜丿美
編曲:黒瓜丿美
唄:kokone、IA

曲紹介

心響はあまりに天使すぎた。
――光を知らない少女は、見えない彩りを歌にした。
それは、僕の心を映す旋律。――そう思っていたんだ。
  • 注:汚れなさすぎてヘイトが根こそぎ奪われるおそれがあります。クリエイターの方はご注意ください。(作者コメより転載)
  • PVのイラストは真理恵氏が手掛ける。

歌詞

PIAPROより転載)

その旋律は僕の心の色を映していた
君の奏でる声はいつも幼い少女のよう

目を閉じたまま空の色を知らない君の笑顔を
いつか守れるように変わりたいと願った

僕が泣いていたら君は悲しい歌を口遊んだ
あどけない声でずっと遠くへ僕が泣き止むまで
そのあとにはいつも君ははにかんでいた

夢を見ているように月日は音もたてず流れ
窓の景色を君にうまく伝えられているかな

楽しい時は楽しい歌を君は聴かせてくれるね
僕の気持ちを君は歌って教えてくれる

嬉しい時は嬉しい歌を君は聴かせてくれるね
君の気持ちをいつか僕に教えてくれたら

僕が微笑んだら君は優しい歌を口遊んだ
あどけない声でずっと遠くへずっとやむことなく
暗闇の中で僕はどう映るの

気づいた真実は 君の歌う理由
本当は僕の気持ちじゃなくて
触れて伝わった君の想いの旋律

君に伝えよう僕の想いをずっと抱いていた
肩を寄せ合って君は愛しい歌を口遊んだ
鮮やかな世界が僕らを奏でていた

コメント

  • 追加おつ! -- 名無しさん (2014-03-18 19:41:53)
名前:
コメント: