sing with you

【登録タグ: GUMI S mickeY(雨上がりP)

曲紹介

今日までの音を忘れずにいて。
  • mickeY(雨上がりP) の11作目。
  • 軽音楽サークルの仲間を想って作った卒業ソングです。(作者コメ転載)
  • イラストは 水溜鳥氏 が手掛ける。

歌詞

彩られた陽気に浮かれて
風とともにはずんで歩いた
あくびをして気だるそうな
ギター弾きの君をつれて

まぶしそうなしわくちゃの顔に
寝ぐせだらけ なおす気もないな
踊りだした心の中
五線譜を広げてゆく

大空を翔けるように
歌うことはできないけど
あの雲を春に染めて
響くコードにメロディーを乗せた

It's all right,
涙にしおれる日もあるけど
花が咲くみたいに 君が微笑むから
この時がつづけばいい

いつか
最後に来る日も君のとなりで
歌っていたいから 少し肩を寄せた
つむじ風が輝く

暖かな日常を抱いて
「変わらないで」としがみつくけど
この青葉もいつの日にか
美しく染まっていく

きっと僕ら新しい夢を
描きながら歩いていくんだ
好きな音も歌い方も
少しずつ変わっていく

時を待つつぼみのように
明日のことは見えないけど
背のびするつくしのように
胸を張って春の陽を浴びた

It's all right,
悲しみの雨が降るときには
虹色のメロディー 君と弾きたいから
かみしめて弦を鳴らすよ

だから
涙にぬれたら いつもの場所で
懐かしいいつかの 歌を奏でようか
明日の空へはばたく

見上げた青空に こらえてた想いが
あふれ出す 止まらない
ひたすらに抱きしめた

遠く離れて会えなくなっても
幸せのメロディー 君と聞きたいから
たまには空をながめて

どうか
今日までの音を忘れずにいて
両手にたくさんの 歌と夢と笑顔
ずっとずっと輝く

コメント

  • 追加乙 -- 名無しさん (2014-03-28 14:09:43)
名前:
コメント: