さくらとはなな

さくらとはなな【登録タグ: 硝子ウールP 鏡音リン

作詞:硝子ウールP
作曲:硝子ウールP
編曲:硝子ウールP
唄:鏡音リンAppend

曲紹介

  • 硝子ウールP の12作目。
  • さくらをみると春だなあって思うけど、私の地域では5月に咲きますw 卒業ソング的なかんじにしてみました^^ 「はなな」っていうのは菜の花の事です☆(作者コメ転載)

歌詞

根無し草同士 空にはばたく鳥を夢見て
流れる雲に ため息をつく事もあったけれど

それぞれの道 それぞれの距離
精一杯 葉を伸ばして やっとここまで来た

さくら さくら 舞い散る道
落ち葉の頃より僕等
上を向いて歩いている 
枝は別れていっても
明日の風 花びらを舞わせるよ
いつまでも

去年は届かなかった 場所まで茎を伸ばして
あらためて空の広さ 見える星の数知った

長い冬を越え また新しい旅
笑って 手を振ってたら それに応えなきゃ

さくら さくら 舞い散る道
落ち葉の頃より僕等
上を向いて歩いている
胸を張って生きている

少し高鳴る鼓動 
不安とか 期待が混じった風が
頬を撫でて走ってくよ
さあ行こう 次の「始まり」へ

さくら さくら 別れのとき
長いようであっという間

しつこいくらい繰り返す日々
もううんざりしてたのに
戻れないと思ったらさ
胸が苦しくなる 何故・・・?

みんな みんな 若葉の頃より
きっとキラキラしてて
さくら さくら 蕾だった夢がひとつずつ咲いて
明日の風 花びらを舞わせるよ
いつまでも いつまでも
進む道を

コメント

名前:
コメント: