パラシュート

ぱらしゅーと【登録タグ: 硝子ウールP 結月ゆかり

作詞:硝子ウールP
作曲:硝子ウールP
編曲:硝子ウールP
唄:結月ゆかり

曲紹介

  • 硝子ウールP の7作目。
  • 冷たい空。不意に掴んだ優しさ。パラシュートのようにふわりと心を包むのです。(作者コメ転載)
  • イラストを いろは氏 ・ まつを氏 ・ 海色氏 が、エンコードを rikku氏 が手掛ける。

歌詞

心配な事を 数えたなら
足の指を入れても 追いつかない
真っ逆さまになって 墜ちるだけ・・・
あきらめかけたのにさ 背中の羽根

明日の風がどこから吹くかなんてわからない
君の広げたパラシュートで  Ah まだ見ぬ着地点を探して
flying flying flying・・・  遠くまで・・・

叶わない願い 数える間に
流れ星は通り過ぎてるかも
目を開けてごらん 灯りの街
小さく 強く 優しく 瞬いてる

世界の果てはここだと思ってた 昨日の僕等
君の背中の羽根になれたら 全てが答えに変わる気がしたんだ
flying flying flying・・・  夜明け前

誰かの描いた窓の空ばかり眺めていても
届かなかった 茜の赤 銀の月 包む蒼も  

灰色カーテンの空 煙突が並んで欠伸(あくび)
世界の果てと呼んでた地上は 雲の毛布の中

明日の風がどこから吹くかなんてわからない
降り立つ窓が何処であっても 二人なら 大丈夫
さあ  flying flying flying・・・
ねえ もうちょっと 遠くまで

遠くまで 

コメント

名前:
コメント: