霧のお茶会と僕の誕生日

きりのおちゃかいとぼくのたんじょうび【登録タグ: As'257G KAITO 水無月龍那

作詞:水無月龍那
作曲:As'257G
編曲:As'257G
唄:KAITO

曲紹介


歌詞

ああ どんなにも素晴らしいお菓子でも満足しない
砂のような味噛み締め 空腹は紛れぬ
あの日に 誰かに囁かれた気がしたような……
「誕生に感謝を。それでは、極上のお菓子を♪」

霧深い森の中 魅惑の洋館の奥
砂糖の人形は どこか落ち着かない
「こんなにも素敵な夜は まるで素晴らしい菓子の宴」
幸福には微笑みの雫ジャムに集めよう

ノックの向こう 立ち尽くす少年一人
寒さに染まった頬に 潤んだ眼差し
僕はただ微笑み 彼を迎えいれる
「お入りなさい さあ お腹が空いたでしょう?」

「ねえ、どうしてこんな森の奥の奥に住んでいるの?」
何も疑わず問い掛ける 無味な質問に
「この店は お菓子がとても愛している場所」と
笑いかけ温かいジャム勧め お茶会としましょう

「僕の作るお菓子は とても我が儘で
 居場所も相手も 選びたがるのですよ」と
「子供なら十の位 大人などは論外なのです!」
特に貴方は格別―― ……極上の逸材

霧は晴れ 息切らし街へ逃げ出した
足音 背を向け ドアを閉ざして 微笑む
僕はただ優しく 彼を迎えいれる
目印はちゃんと つけておきましたよ

カレンダー 印を入れたら 今日は新しいバースデー
ケーキを二人のために用意をしましょう
新しい僕はちゃんと逃げられるでしょうか?


コメント

  • 追加おつ! -- 名無しさん (2014-04-03 21:08:48)
名前:
コメント: