宙の二つ

そらのふたつ【登録タグ: studio balabushka 初音ミク

作詞:studio balabushka
作曲:studio balabushka
編曲:studio balabushka
唄:初音ミク
ゆっくり

曲紹介


歌詞

サイトより転載)

僕はそらを飛びたい 私は地をはっているわ
君がどんなに望んでも 叶わないことくらいわかってるでしょう
今日という日に生まれてきたもの さんざんな目にあってきたのも
地に生えるあなたの業という産物が ふりかかっているからでしょう

君がみていた空の色はなにいろだったの

思い描いてた翼の形 上手く使えないの
飛び越えて行きたいのだけれど 上手に使えないの
あなたが雲の上にたどり着く頃 僕はまだ地をはっているでしょう

歩く足さえもままならない どんなにうらやんだことか
背中にもたげる重みに 耐えかねてしまいそう
さんざんな結末にも慣れてきた頃 ふと見上げてあおいだ物
あぁこれが僕の背負う業 押しつぶされぬように力をいれた

つたわってきたのは冷たい三雲

そびえたつやまにもながれるかわにも 邪魔をされずに歩きたい
そんな感覚も知らずに飛んでいるあなたが憎い
僕がいま見つめているもの その視線に隠る物なんですか?

疲れきった水先の灯る光は夕闇のあてがあるか蒼明な

思い描いてた翼の形 上手く使えないの
飛び越えて行きたいのだけれど 上手に使えないの
そびえたつやまにもながれるかわにも 邪魔をされずに歩きたい
そんな感覚も知らずに飛んでいるあなたが憎い・・・



コメント

  • 素敵な歌!! -- 名無しさん (2016-01-24 21:15:13)
名前:
コメント: