pink

【登録タグ: P バイカP 初音ミク

作詞:バイカP
作曲:バイカP
編曲:バイカP
唄:初音ミク

曲紹介

疑いようのない、春の奇跡。
  • バイカP の13作目。
  • イラストは ヨナミ氏 が手掛ける。
  • CD 『さくらぱれっと』 収録曲。

歌詞

眠った街 朝を待つ人
切り取られた風景の中で
微かに聴こえた 春の声に
耳を澄まして

ビルの隙間 交差点の色
汚れたレンズ越しに揺らいで
都会の風に慣れない体
起き上がらせた

アスファルトの縁に咲いた
名前も知らない花に問いかける
歩んできた道の正しさを
歩むべき道の険しさを

朝焼けの空からひらひらと
星屑のように散る花びら
疑いようのない奇跡を前に
目を背けた 矛盾ばかりの世界

音の消えた 世界の果てで
それでも笑っていられるかな
「生きていたい」と願う程には
強くありたい

どこまでも飛んでいく翼
それは今だけは「自由」に見えた
出逢ってきた人の優しさが
胸の奥うずいて 少し痛い

春の風がそっと色づけた
僕らはこの世界の花びら
涙も戸惑いも笑顔も抱いて
枯れ落ちてく でたらめばかりの世界

垂れ下がったイヤフォンから
流行りの歌は風に流され
絶え間なく進んでく時間が少しだけ
愛しく思えたら

朝焼けの空から燦々と
放射状に降り注ぐ虹色
疑いようのない奇跡を前に
手をかざして 空を仰いだ

春の風がそっと色づけた
僕らはこの世界の花びら
涙も戸惑いも笑顔も抱いて
枯れ落ちてく 優しさばかりの世界

コメント

名前:
コメント: