孤独な彼女の孤独の理由

こどくなかのじょのこどくのりゆう【登録タグ: mayuko 鏡音リン 鏡音レン

作詞:mayuko
作曲:mayuko
編曲:mayuko
唄:鏡音リン・鏡音レン

曲紹介

  • 彼女は
  • 孤独なのでしょう

歌詞

(動画より書き起こし)

彼女は寂しくなかったのです。
彼女は悲しくなかったのです。
彼女は不幸じゃなかったのです。
彼女は……

気づいた時にはパパは無く
忙しいママの顔は忘れた
冷めた食事にも意味は無く
おやすみの声は傍らの彼に

並ぶ人形は知らぬ間に増えた
宛名の無い手紙も崩れるほど増えた

けれど彼女は寂しくなかった
友達に恵まれ恋にも落ちた
決して彼女は孤独ではなく
一人震える夜は無かった

それでも彼女はきっと寂しくて
耐え難い朝に泣いたのでしょう
「寂しくなんかない」と虚勢を張り
忙しいママを責めたのでしょう

気づいた時にはママも無く
眠るあの人の声も忘れた
冷たい墓石に意味は無く
おはようの声は傍らの彼に

褪せた思い出に浸ってほどけた糸は
宛名の無い手紙と一緒に机の中

けれど彼女は悲しくなかった
友人(とも)に恵まれ恋も実った
決して彼女は孤独ではなく
一人嘆く朝も無かった

それでも彼女はきっと悲しくて
耐え難い夜に泣いたのでしょう
「悲しくなんかない」と虚勢を張り
優しい嘘を吐いたのでしょう

彼女はきっと憎んだでしょう
愛を温もりを羨んだでしょう
孤独な冷たさをひた隠して
ママを パパを 怨んだのでしょう

それでも寂しくなんてなかったよ
悲しくなんてなかったよ
愛も温もりも覚えてるよ
だから私を孤独にしないで

「寂しいでしょう」「悲しいでしょう」
「苦しいでしょう」「辛かったでしょう」
聞きたいのは悲劇の泣き言ですか
私はヒロインじゃない
母(ママ)を愛し 父(パパ)を愛し 友を愛し 彼を愛した
幸せな私(かのじょ)じゃ及第点に届きませんか

彼女は寂しくなかったのです
彼女は悲しくなかったのです
彼女は不幸じゃなかったのです
彼女は孤独じゃなかったのです
それでも彼女が孤独なのは
あなたが彼女(わたし)を“そう”したのです

一人にされた彼女は
その時初めて泣いたのです
寂しいと悲しいと声を上げて
誰かの声を怨んだのです
せつない嘘を吐いたのです
孤独な彼女になったのです


コメント

  • mayukoさん、ほんと良い曲作ってくれる!  -- ジャン (2014-04-30 20:46:06)
  • メロディーも良いけど、なにより歌詞が好き…mayukoさん大好きです! -- 名無しさん (2014-05-01 15:08:12)
  • 曲のテーマが深い -- 名無しさん (2014-05-03 01:10:32)
  • 殿堂入りしてほしい -- 非リア充 (2014-05-07 19:55:27)
  • 「孤独にしないで」のところがヤバい。ボカロなのに感情持ってるみたい -- 名無しさん (2014-06-16 20:50:29)
  • 寂しくなんてなかったよ、からもう涙止まらん。すごくこの曲好きだ -- 名無しさん (2014-06-20 11:22:12)
  • 最初の始まり方も好きだし、特に"聞きたいのは悲劇の~"からもう大好き…( ノД`)… -- ゆー (2014-07-31 12:10:33)
  • これめっちゃよかった。 -- 名無しさん (2014-11-20 22:40:35)
  • この曲でmayukoさんを知ったけど出会えて良かったと思う -- 名無しさん (2015-05-30 01:23:30)
  • いいと思うです。このうたほんとすごい… -- 黒夢 (2016-06-28 16:28:44)
  • サビの部分でもう泣いた、泣くしかない -- 紫呉 (2017-06-02 23:59:21)
名前:
コメント: