光放つ花の奏で

ひかりはなつはなのかなで【登録タグ: GUMI 広日向

作詞:広日向
作曲:広日向
編曲:広日向
唄:V3 GUMI(Sweet)

曲紹介

  • 広日向氏 の8作目。
  • 百人一首の本を夢中で読んでいた中・高時代が懐かしいです^^ 紀友則さんに向けて曲を作ってみました。(作者コメ転載)
  • イラストは ミナミト氏 が手掛ける。

歌詞

ひさかたの空に舞う しづ心なく 光放つ花の奏で
まだ見ぬ景色 天津風 どこまでも高く舞う
あの日見た夢に届け

踏み出す一歩は怖いけど 前を見ると 新しい世界
躓き転んで負けそうでも いつか花を咲かせたいと願うんだ

光のどけき空に舞う夢を見た
これまで一緒に頑張ってきた仲間の声
手探りの日々越えて 輝ける

ひさかたの空に咲く しづ心なく 光放つ花の奏で
ひと葉の想い 重なって どこまでも高く咲く
夢に見た空の世界

歩き疲れて立ち止まる時を込めて
手を取ってくれた みんなの笑顔が浮かんでくる
長い道でもいつか 越えてゆける

辿り着いた先には まだまだ高い壁が
振り返れば儚く 花が舞う

それでも綺麗に光を放ち また幾つもの 夢を奏でる

今 空に舞い上がる 光の中を 支え合う仲間の奏で
まだ見ぬ景色 天津風 どこまでも高く舞う
あの日見た夢を越えて

コメント

  • この曲ほんと大好き!ひろひなたさんさいこ~!! -- なたでここ (2014-10-19 20:01:40)
名前:
コメント: