The Story of Eve

【登録タグ: Eri MJQ T 初音ミク
作詞:Eri
作曲:MJQ
編曲:MJQ
唄:初音ミク V3(ENGLISH)


歌詞

YouTube概要欄より転載)

The days when your hands held mine so tightly
The thought of them never letting me go
The times when you hugged me ever so warmly
The days during winter never felt cold

And in all of those days you told me you loved me
In all of those days I never felt sad

but now you're gone...

An empty space, it grows as my memory
dwells in me, I still long to see, you beside me
My broken heart, it beats but it won't let me
live in peace, though I still can breathe
In my pain, I drown

Just stay here with me, you'll never be lonely.
Just stay by my side, and I'll protect you.
Whenever you cry, I'll wipe your tears gently.
Continue to smile, whatever you do.

And even through words you showed me you loved me.
There was never a day when I felt sad -

but now you're gone...

A loneliness, I feel every single day
you're not here, to wipe my tears, and make me smile
A dark blue sky, it's lit by the moon but
it won't go away, the shadows and pain
In my tears, I drown

And away goes the happiness, the thrill and my smile
Away goes the memories, the laughter and my sky
You took it all with you, my love and my life
Now I'm alone
Eternally

"And everything faded, all except her,
the last girl on earth slept but couldn't stay so."

An empty space, it grows as my memory
dwells in me, I still long to see, you beside me
My broken heart, it beats but it won't let me
live in peace, though I still can breathe
In my pain, I drown

"Have you heard the story of the girl named Eve?
She had no one to love, no one to see."

+日本語訳詞
あなたが私の手をぎゅっと握ってくれた日々
忘れることができない記憶
あたたかく抱きしめてくれた時のこと
冬のあいだも凍えることはなく

愛してると言ってくれた日々
哀しみを知ることはなかった

でもあなたはもういない

空っぽの空間が、記憶とともに広がっていく
私に棲みついて 今でも会いたいよ 私の隣にいるあなたに
壊れてしまった心が脈を打つ
安らぎもないのに生きている
苦しみに溺れて

僕と一緒にいれば、一人じゃないよ
傍にいれば、僕が守ってあげる
涙を流すときは、そっと拭ってあげるから
いつでも笑っていて

そんな言葉をかけて、あなたは愛してくれた
淋しさを覚えることは一日もなかった

でもあなたはもういない

空っぽの世界で、毎日孤独に襲われて
あなたはここにいない 涙を拭っても 笑わせてもくれず
濃紺の空が月に照らされるけれど
その影と痛みは消えてはくれない
涙に溺れて

幸せが消えていく 心震える喜びや微笑みも
思い出が消えていく 笑い声や私を包んでいた空も
あなたは全てを奪っていってしまった 愛や命を
今はもう一人ぼっち
永遠に

「そして彼女を残し、全ては色褪せていきました」
「この世で最後となった少女は、けれども眠り続けてはいられませんでした」

空っぽの空間が、記憶のように広がっていく
私に棲みついて 今でも会いたいよ 私の隣にいるあなたに
壊れてしまった心が脈を打つ
安らぎもないのに生きていられる
苦しみに溺れながら

「イヴという名の少女の物語を耳にしたことはありますか?」
「愛する人もなく、寄り添う人もなかった少女の物語を」


コメント

名前:
コメント: