夢花火 > あぐP

ゆめはなび【登録タグ: あぐP 初音ミク

作詞:amia+あぐP
作曲:あぐP
編曲:あぐP
唄:初音ミク

曲紹介

病気だった女の子の夏の物語。
  • 暑くなってきました。幸せな夏はおくれていますか?(作者コメ転載)
  • 歌詞を amia+氏 が、イラストを 螺鈿氏 が、動画を 歩く性教育氏 が、マスタリングを Mr.anti-noise氏 が手掛ける。

歌詞

夜に触れた明かりが 人を 色を 集める
僕の好きな りんごあめ
口にくわえて 何処までも続きそうな
みちを走る 走る

ひとつ ふたつ
水面(みなも)に泳ぐ 幼い君と僕
池(みずたまり)を優しく撫でた
このまま金魚も放されたのなら
鉢(ここ)に居るよりも幸せだろう・・・

夢だと言ってしまえば
そこで終わるユメハナビ
打ち上がるたび 空で泣く音 合わせて
僕の心が締め付けた音 聴こえない

いつも繰り返す1日に また笑う 君と笑う
明日が来るといいのにと 僕は眠り続け
綺麗な空から 落ちていく

夜に触れた明かりが 人を 色を 集める
僕の好きな りんごあめ
口にくわえて 何処までも続きそうな
みちを走る 走る

「今 君に会いたい」
触れて そのまま 助けて 君と僕
「もうすぐ始まるよ?・・・花火」
何回見たかな この空を
ここに聞こえるように 僕を助けて

夢だと言ってしまえば
そこで終わるユメハナビ
打ち上がるたび 空で泣く音 合わせて
僕の心が締め付けた音 聴こえない・・・

夢であるというならば 終わりを迎えてしまえ・・・
早く目を開けてと泣く音 聞こえたから
何事もない 夏の空

僕が君に笑うから 「もう始まるの?」と
年をまた数えて 繰り返す
もう笑う 僕と笑う
明日が来る 今日までを

「きみ」と「ぼく」の ここだけのこと

コメント

  • 追加おつ! -- 名無しさん (2014-05-18 22:48:36)
名前:
コメント: