Photon > La+

【登録タグ: La+ P 猫村いろは

作詞:La+
作曲:La+
編曲:La+
唄:猫村いろは

曲紹介

「小夜」

――どれだけの夜を越えれば、僕は大人になれるのだろう
  • 3日連続アップの「小夜」シリーズ第1曲目。
  • イラストは眼鏡犬氏が手掛ける。

歌詞

作者配布のテキストより転載)

午前三時過ぎ 夜空は碧い
左手に握る缶コーヒー
車道の真ん中に寝そべり 星数える

眩い光の星の隣で 小さく瞬くその星も
数え忘れたりはしないよ
きっと大きくなれるよ


そうさ こんな僕のことも
誰かが見てくれてるよ

どんなに小さな光でも
絶やさず輝くんだ
広いこの地球(ほし)で


儚い光でも
この存在に意味があること
信じ 今日も光放つ

どれほど時が過ぎようとも
消えはしない確かな光


午前四時前 張り詰めた空気
マフラー越しの白い吐息
信号は黄色 止まれない僕の人生

か弱い君が隣のあの子に 思いを馳せているとしたら
それは憧憬(しょうけい)か羨望か
それとも嫉妬だろうか


僕が満足できるなら
それで良いと思ったのに

誰よりも輝いていたい
だけどそこには届かない
そんな柵(しがらみ)の中


絶えない光でも
背負う思いは日々違うから
この光絶えなば絶えね

一瞬でも途切れた光は
どうなるの 答えてくれよ


夜が明けて 何も見えない


世界は廻りだす
揺れ出す空気 鳥の鳴き声
僕は取り残されてゆく

誰も待ってくれやしないよ
さあ歩こう


儚い光でも
この存在に意味があること
信じ 今日も光放つ

どれほど時が過ぎようとも
消えはしない
守り抜くんだ
この先もずっと

コメント

  • 追加乙! -- 名無しさん (2014-06-04 20:57:42)
  • いろはってこんな力強い声だったんだ -- 名無しさん (2016-02-06 22:00:10)
名前:
コメント: