春疾風

はるはやてはるはやて【登録タグ: Na-M(弾きたいなP) トマト牛乳 鏡音リン 鏡音レン
作詞:トマト牛乳
作曲:トマト牛乳Na-M(弾きたいなP)
編曲:トマト牛乳
唄:鏡音リン・鏡音レン

曲紹介

ほら待った 春は春疾風。捕らえられないで 静かに笑う
  • トマト牛乳氏の、VOCALOID歌唱では処女作となる楽曲である。
  • 作詞、作曲、編曲、動画、題字を自身で、Na-M(弾きたいなP)氏 がMIX、ボカロ調教、作曲を、コガネ氏がイラストを手掛ける。
  • 曲全体では、冬から春へ移り変わる微妙な季節を描いている。

歌詞

(リン)方喰ひらいて 陽が舞って落ちた
嘘ついた桜は 月夜に導き
雪だった視界も 花咲いて消えた
風吹いて水面を揺らして嘲る

(リン)くらくら 髪惑わせて
今だけ 薄氷のように
ふらふら 足儚げに
(レン)霰忍んでや (リン・レン)春は水端

(リン・レン)悲しき情に 遊ばれて
霞に酔いしれ 気付けば如月
何時だって春は 矢の如し
瞳離さないで しかと見据えて


(レン)高麗笛の音に 気を奪われ
言の葉に乗せ 花時を誘う
(リン)飛び立った鵯 「あばよ」と鳴いた
悴んだ掌 隠して綻ぶ

(リン)からから 下駄響かせて
君だけ 陽炎のように
はらはら 節危なげに
(リン)雲を嫌ってや (リン・レン)冬は闌

(リン・レン)霧立った空に 狂わされ
ものの芽探して 次の暦へ
ほら待った春は 春疾風
捕らえられないで 静かに笑う


(リン)暗がりの中 光る扉
影に隠れて 色褪せたまま
(リン・レン)いつまでも覚めぬ夢の様
(レン)冬に苛まれる

(リン・レン)束の間にまた 春の宵
艶やか落ち花 風に流れて
巡りて今日も 燕
一時も逃さず 遙か見つめて

コメント

  • 追加乙! -- 名無しさん (2014-06-07 11:45:16)
  • 追加ありがとうございます!もっと伸びて欲しいなー -- 名無しさん (2014-06-08 19:25:53)
  • いい曲だなぁ、もっと伸びてほしい! -- 名無しさん (2014-12-13 22:42:53)
名前:
コメント: