瑞鶴

ずいかく【登録タグ: めりっさP 巡音ルカ

作詞:めりっさP
作曲:めりっさP
編曲:めりっさP
唄:巡音ルカ

曲紹介

  • めりっさP の11作目。
  • 今もどこかで大事な仲間達は、頑張っている。大事だから贈りたい。と思って作った応援ソング曲です。(作者コメ転載)
  • イラストを カルハ氏 が、動画を こーるす氏 が、コーラス編集を kiyo氏 が手掛ける。

歌詞

幾千の日々は降りしきる雨の如く
幼き瞳に映したあの陽が
彩に色づいた青い春は泡沫に
何処へ消えたか想いを重ねて

ああ 友よ 今なら届くのかあの雲まで
白い羽開く 天の向こうへと

舞い上がれ 向かい風を その翼で切り裂いて
秘めていた想い 放つ時を今ここに
行く先晴れ 時の風の中で瞳輝かせ
鶴が舞う 夢を肩に乗せて

青く澄み渡る水面は揺らいだままで
常世の憂いに 心影落ちて
優しく奏でる友との忘れじの歌
口ずさむ度に 心を戻した

ああ 海の荒ぶ嵐の中 母なる船
瑞々しく舞う 瑞祥の兆し

舞い上がれ 星の砂を 掴むほどに高く高く
押し寄せた闇を払う時が今ここに
暁晴れ 長き夜はやがて明けて新たな陽に
眼差しがいずれ輝き出す

這い上がれ 黄昏にも その翼が今を変える
揺れていた心 友の声で奮い立つ

舞い上がれ 向かい風を その翼で切り裂いて
秘めていた想い 放つ時を今ここに
行く先晴れ 時の風の中で瞳輝かせ
空を舞う 夢を肩に乗せて
天翔る 鶴と友の歌を

コメント

  • いいね! -- 名無しさん (2014-06-08 19:41:04)
名前:
コメント: