短夜流離

たんやりゅうり【登録タグ: におP 初音ミク

作詞:におP
作曲:におP
編曲:におP
唄:初音ミク

曲紹介

遠い夏、ふたり憶えた夢は
いま君の中でさよなら告げる
  • 珍しく季節感のあるものです。(作者コメ転載)

歌詞

遠い夏、ふたり憶えた夢は
いま君の中でさよなら告げる

「どこへ向かおう」
ハンドルに添える手は朧気に
振り向けば零れる涙に意味も無く

「ここらへんかな」
きっとこの湿気た花火と同じ
咲けない侭消える心も不甲斐無く

君が忘れた空、僕の恋
描かれていたものは何だっけな
僕が愛した空、君の詩
閉じた耳の奥に焼き付いている

帰り方さえ分からないのに
徒に伸ばし続けた指
遠い夏、ふたり誓った夢は
いま僕の中でさよなら告げる

同じ言葉を同じ表情で
なぞり合った日々もそっと
蝉時雨、ふたりの声を掻き消した

単純なこと 始まりと終わりのお遊びで
付いて行けない愚かな僕の馬鹿話

ずっと忘れないと変わらないと
口ではそう云っても違うだろう
少しだけここに居て、もう少し
撫でた髪の先も冷え切っている

隠し方さえ分からないから
只管に握り返した指
遠い夏、ふたり憶えた夢は
いま君の中でさよなら告げる

最後に。

悲しいと云えば君の中で僕の中で
幾つもある内の一つの別れだ、と

コメント

  • におPだ! -- 名無しさん (2014-06-18 07:09:32)
  • なぜこの歌の良さに気が付けないのか・・・ -- やむいちゃん (2016-09-16 19:41:41)
名前:
コメント: