5th


作詞:666
作曲:666
編曲:666
唄:v flower

曲紹介

「Where the light is」
flowerの声に合うダウナーなロックを作りました。
なにかひとつでも伝わることを願います。(作者コメより転載)
  • 666氏の4曲目。
  • PVのイラストは非氏、ギターとベースはYamar Rodríguez氏がそれぞれ手掛ける。

歌詞


かぶれた手の皮を剥いで
もう、燃やそうかなんて
見え透いた嘘

産まれたての身体なんか
味気ないさ、どうだい?
流線形を描く

よくある映像作品の模型の
感情が不在で無象の
そんなマネキンに

いらない廃材の山に
埋もれたガラクタだ
錆びれた声で世界へ示せ

空想も出来ない程に
履き潰した様だ
この身も飽いた

白線を跨いでその先
もうやめようか、そうかい。
生命線に足掻く

このまま生誕の意味も未定で、
身元不明の札を貼って還るの?

息巻きそう、大衆の目に
酸性の液を撒こう
最終列車の最後尾の夢を


意味の無い存在なんて
在りそうで無いと聞いた
掠れた声で正解を示せ


そのまま静寂の棺桶に
どこか遠く離れた場所へ

コメント

  • v flowerの宣伝だということはひしひしと伝わってきた。 -- 名無しさん (2014-10-09 19:38:18)
  • 重くのしかかるような雰囲気が好き -- 名無しさん (2014-11-25 13:20:52)
  • 隠れた名曲 -- 名無しさん (2015-11-26 03:57:00)
  • 何もかも最高に格好良い! -- 名無しさん (2015-11-29 16:09:08)
  • 大好きです!歌詞が深い… -- 名無しさん (2016-10-06 02:05:20)
  • すごく好き -- 名無しさん (2017-03-20 19:37:57)
  • なんで666さんのページ作られてないんだろう…この人の曲全部素敵なのに… -- 名無しさん (2017-04-22 15:47:39)
名前:
コメント: