月に叢雲花に風

つきにむらくもはなにかぜ【登録タグ: くっじー 初音ミク 神威がくぽ
作詞:くっじー
作曲:くっじー
編曲:くっじー
唄:初音ミク(ミク版)、神威がくぽ(がくぽ版)

歌詞

PIAPROより転載)

花は舞い散るように 沈丁花
摘むは恋か夢か現か
風に吹かれ散らされようとも
確かな未来-さき-を願う

吸い込まれそうな夜霧に
強く淡く美しい月を見た
出会いはいつも突然で
私はただ月の光に照らされたくて

願うはただ些細な幸せで
時代に翻弄されながらも
掴めると信じて
想い ただ届けと

花は舞い散るように 沈丁花
摘むは恋か夢か現か
風に吹かれ散らされようとも
確かな未来-さき-を願う

広くも狭いこの世で
強く願う桃源郷 願わくば
箱庭から連れ出してと
私はまだ月の光に照らされたくて

追憶の情景 見つめていても
世の不条理には抗えない
掴めると信じて
もう 振り返らない

夢に溺れるように 散るは花
それもまた悪くはないでしょう
風に吹かれ散らされようとも
己が信じる道 進むだけ

花よ いと綺麗に咲き乱れ
永久に願いを叶えるまで
全て馬鹿げた理想としても
確かな未来-さき-を願う

あなたに届くまで...


コメント

名前:
コメント: