孤独のゆりかご

こどくのゆりかご【登録タグ: GUMI 七希

作詞:七希
作曲:七希
編曲:七希
唄:GUMI

曲紹介

  • 「僕」からパパとママへ。(作者コメより転載)
  • 七希氏の7曲目。

歌詞

PIAPROより転載)

お願い僕を見捨てないで
ひとりじゃ怖くてつらいんだ
あのね喉が凄くカラカラなんだ
なんだかお腹もすいてきた
どうして僕を置いてくの?
どうして僕を愛さないの?
あのね体が凄く震えるんだ
なんだか熱もあるみたいなんだ

僕はお荷物なのかな
僕はお邪魔だったかな
産声をあげた日には
とてもとても喜んでたのに
可愛がるだけ可愛がって
飽きたらすぐに捨てるの?
鳴り止まない泣き声は
僕の僕の悲鳴なんだよ

重なり合った愛から
生まれた僕の命は
夢や恋に悩んで
今日を明日を生きるはずなのに
なんて惨めな結末なの
この叫びは届かない
ねえ誰か助けてよ
もっともっと生きたい

お願いすぐに迎えに来て
ひとりじゃ怖くてつらいんだ
あのね喉が凄くカラカラなんだ
なんだかお腹もすいてきた
どうして僕を置いてくの?
どうして僕を愛せないの?
あのね体が凄く痺れるんだ
なんだか息苦しくなってきた

懐かしい夢を見た
あの頃はこの先も
みんな揃って笑顔で
そばにいられると信じていた
可愛がるだけ可愛がって
飽きたらすぐに捨てるの?
鳴り止まない泣き声は
僕の僕の悲鳴さ

お願い誰か助けてよ
せめてここから連れ出してよ
あのね指先が動かないんだ
手足の感覚もないんだ
目を開けるのも疲れたよ
でも目を閉じるのが怖いよ
あのね涙さえも出ないんだ
泣き声すらも出ないんだ 

お願い僕を見捨てないで
ひとりじゃ怖くてつらいんだ
あのね喉が凄くカラカラなんだ
なんだかお腹もすいてきた
どうやらここでおしまいさ
短すぎた命だけれど
せめて最期ぐらいはそばにいてよ
最後ぐらいは抱きしめてよ

やだよさよならしたくない
もうすぐ迎えがやってくる
あのね体が冷たくなってきた
なんだか眠くなってきた
そして僕は目を閉じる
誰にも愛されないままで
せめてこの孤独のゆりかごで
優しく看取ってよ 

コメント

  • 追加乙 -- 名無しさん (2014-07-06 19:48:25)
名前:
コメント: