星降る夜を旅する少女

ほしふるよるをたびするしょうじょ【登録タグ: fatP 久遠真雪 初音ミク

作詞:久遠真雪
作曲:fatP
編曲:fatP
唄:初音ミクV3 (Original,Sweet)

曲紹介

  • 聞こえる全てがゼロになっていく夜の果てを見上げた
  • 透き通るようなサウンドと変拍子の織りなすJ-RPG系ファンタジーポップです。
  • 歌詞を久遠真雪氏、イラストをfuka氏が担当。
  • アルバム『星降る夜を旅する少女』の収録曲。

歌詞

果てない道を示すアルファの妖精は
旅人の時を舞い踊る

ちいさな息吹がまたたく度に生まれる
夢を数えて星は回る

いつからか動き始めた夜の鼓動流れる星を追い求め
いつまでも続く夜の幻想を見て歩いていく道

仮面の下誰かが笑って
風が吹いた星空の中
聞こえる全てがゼロになっていく
夜の果てを見上げた

不思議な月夜に旅に出る少女はただ
終わりはない道を歩く

いつまでも続く夜のどこかで今も流れる星をなぞってる
いつまでも永久を刻み一人佇む旅人の記憶

失われた少女の名前は
星の中で輝き出して
聞こえる全てが一つに繋がる
奇跡の夜見上げた

果てない道の中で輝く
星空の声が響いた風を追い
一つだけの未来に
空はまた微笑む終わらぬ月夜に


コメント

  • いいね!! -- 名無しさん (2014-07-12 08:37:21)
名前:
コメント: