ホープンフォーク42

ほーぷんふぉーく42【登録タグ: GUMI サイオナP

作詞:サイオナP
作曲:サイオナP
編曲:サイオナP
唄:GUMI V3

曲紹介

見つけた獣は、望んだ奴らか。それとも無邪気な、バケモノか。」
  • サイオナPの33作目。

歌詞

歪む ロジカル海流 ガラクタだらけ 帆船の上
逆立つ波に 跳ねる足は 踊るように
希望と 恐怖を 混ぜ合わす

始まりの合図は 耳を劈く 鐘の響き ラムの盃
こんな日には酔いもするさ
肉屋は 不気味に 呟く

海狸は 小指を弾く
微笑みと石鹸を携えて

魔人たちの影を追い求めて 掠れた記憶を 見つめた
在りし日の 誰かをも 黒く飲み込む
塞ぐ手に 懸けた願い 機械仕掛けの銀行家は
狂気にまみれた 瞳で いつまでも 泣き喚く
乾いた腕に 金を抱いて 座り込んだ
見つけた獣は 望んだ奴らか
それとも 無邪気な バケモノか

曖昧な保険金 鼻を染めるはキューのチョーク 呆れたもんさ
蝶ネクタイの色を決める 帽子屋は 頭を 擦る
飽和していく 仲買人のインクの壺は 蒼く光って
人のモノを 測るように 流れて 滲んで 拡がる

軋む瞼 21対の
指貫と注意は十分か?

魔人たちの影はほくそ笑んで 這いずる僕らを 見つめた
在りし日の 誰かをも 消し去るほどの
赤い手に 噎せる鬼火 イカレた調子の 弁護士は
ブタの裁判を夢見て いつまでも 眠ってる
か細い指に 論理性は 微塵もないさ

音もなく 消え失せた
ケーキを焼いた 残り香だけ
静かに立ち込める 昼下がり

魔人たちの影を追い求めて 掠れた記憶を 見つめた
在りし日の 誰かをも 黒く飲み込む 塞ぐ手に 懸けた願い
最果ての彼方に 見えたのは 悪魔の化身の 企み
消えてゆく 指先を 齧ることすら 出来ないなんて
お笑いだな

鐘を鳴らして走る キミに 最期の言葉を伝える
叫びさえ 嘆きさえ かき消されてく 寄せる波 懸ける願い
お前の顔は 忘れないぜ 声になり損なう 悪態
在りし日の僕さえも 黒く塗りつぶす
靴磨きは 何処へ失せた?
見つけた獣は 望んだ奴らか
それとも 無邪気な バケモノか

人の子か

コメント

  • いい -- 名無しさん (2014-07-18 20:57:33)
  • かっこいいいいいいいいい -- メチレンブルー (2015-03-24 13:07:30)
名前:
コメント: