奇跡の行方

きせきのゆくえ【登録タグ: ヤミカP 焔夏冬雪 鏡音リン 鏡音レン

作詞:焔夏冬雪
作曲:ヤミカP
編曲:ヤミカP
唄:鏡音レンAppend・鏡音リンAppend
コーラス:La Zimakie・鏡音レンAppend

曲紹介

  • ――あれから時を経て、二人の恋の行方は…(作者コメ転載)
  • 2コーラス目から入ってくる、ツインの掛け合いが聴き所のかっこいい民族調曲。
  • 焔夏冬雪氏×かぴ氏の初のタッグコンビ作。
  • ボーカル・コーラスは焔夏冬雪氏による指定とのこと。
  • 『置去恋心』の続編の世界観になっています。2曲を通して聴くと、より深く世界観に浸れるのではないでしょうか。少年と少女、それぞれの心情に目を向けてみてください。零れ落ちるのは歓喜の涙か。それとも――…?(作詞者コメ転載)

歌詞

どこか
信じているんだ
時は
いつの間にか流れ

探し求めていたんだ
手紙()
持ち歩いて
手放(はな)さない

このまま忘れよう、と
そう思ったことも
あったけど
でも
誤魔化すのは
終わりさ
もう偽りから
さようなら

走る目的は
君のもとへ
独りぼっち?
そんなこと言わせない
僕が傍にいてあげるよ
嗚呼
何故いつも
背負うばかり
ひとり抱え込む
悪い癖だ
届け
この声 この想い
全てを
風に乗せて
伝えたくて
会いたいんだ
ただ
それだけなんだ
彷徨う
時間(いま)

瞬間
走馬灯のように
くるり
蘇るは
記憶

出逢い
あの日から きっと
()
今でもまだ
君をずっと

幾度も
仰ぎ見た夕夜()
その度
心に決めて
()ぎる
重ねる時間は
残酷だと
そっと
胸の奥の奥
鍵掛けて
(いつかは
この空を飛び越えて
会える
そう願って
いつも見上げてる)

予感
()ぎるのは
再会する
君は
帰らないと
言ったけれども
不意に此処へ
帰って来る気がして
ゆらり
揺らめいた心は
そう
目の前に 笑顔の君
伸ばす
手の先に
君はいない
消えた 儚く
崩れ落ち幻想
それは妄想
ぽつり 一人
叫ぶような
この想いは
何処へ
向かうだろう
(ごめんね。と
呟いた言葉は
もう届くことは
ないね
でも
もしも、を求めて
ほら。。またナミダ
あの日に告げた
ことばが最後
辿り見つけた
こたえは
いまこのココロにある
また、
出会いたいよ

どこにいるのか
知りたい)

なぁ
何処にいるんだ
君は
今にも
張り裂けそう
確か数学では
軌跡が円に
表記を変えて
奇跡が縁に
夢のような
延長線
(ねぇ
聞こえる?
こころの声が
今こそ
キセキを)

助けて
泣き叫ぶ顔が浮かぶ
絶対
会えたなら 離さないさ
例え君が
話さないんだとしても
僕は構わない
好きなんだ
そう
聞こえたんだ
君の声が
まさか
疑って
振り返れば
愛しい姿が
其処にはあったから
僕ら二人
見えた結論
(裏返したコトバは
冷たく
ほんとは
傍に居てほしい
けど、言わないまま
ただ
悪者になる
あなたの背中
見えた気がして
大きな声で呼んだら
そう、
夢か現かは
明らかになった)
束の間の夢?
触れる手 伝う
落ちる



コメント

名前:
コメント: