みやまいり

みやまいり【登録タグ: もぐもぐぽてち 初音ミク

作詞:月村紗綺
作曲:もぐもぐぽてち
編曲:もぐもぐぽてち
唄:初音ミク

曲紹介

「願わくば ただ 今一度 忘れじの君の元へ・・・・・・」
  • もぐもぐぽてち氏 の15作目。
  • 歌詞を 月村紗綺氏 が、イラストを 英理加氏 が、動画を UTA/Natika氏 が手掛ける。

歌詞

蘖(ひこばえ)の萌え出で 烟(けむ)るは朱の鳥
連なりて誘い 嗚呼 彼方へと導いてゆく

朝露の 吹きしく風に浚(さら)われて
緋(ひ)の雫 涙なぞりて降り注ぐ

いざ参らばや 焦がれし 光へ暁(あけ)の失せぬ間に
時の間 現(うつつ) 偲び 呼ばうは恋しき君の名よ
いざ帰らばや 通路(かよいじ) 分かつ門 閉じぬ間に
今も尚 定かなる 恋しき君へと辿る道
遠く 杜鵑(ほととぎす) 関の御山(おやま)を越えてゆけ

山紅葉色づき 滲むは朱の鳥
遙かに果てしなく 嗚呼 名残る日を掻き消してゆく

夢路の如く むばたまの闇を往く
丹(に)の影と 消えぬ想いをよすがにて

いざ参らばや 儚き 黄昏(たそがれ) 夜に溶けぬ間に
仄(ほの)めく陽炎(かげろう)にも 紛うは恋しき君ばかり
いざ渡らばや 通路(かよいじ) 分かつ門 閉じぬ間に
ひと夜だに越えぬ無き 恋しき君へと辿る道
遠く 虎鶫(とらつぐみ) 関の御山(おやま)へ連れてゆけ

願わくば ただ 今一度 忘れじの君の元へ・・・・・・

参らばや 焦がれし 光へ暁(あけ)の失せぬ間に
時の間 現(うつつ) 偲び 呼ばうは恋しき君の名よ
いざ参らばや 儚き 黄昏(たそがれ) 夜に溶けぬ間に
仄(ほの)めく陽炎(かげろう)にも 紛うは恋しき君ばかり
二人 繋ぐ道 縁(えにし)手繰(たぐ)りて みやまいり

コメント

  • いい -- 名無しさん (2014-07-26 11:33:08)
  • 門を、くぐりど、と読むとか( ̄▽ ̄;) -- 名無しさん (2014-08-10 14:17:39)
名前:
コメント: