君がサンタなら僕はトナカイ

きみがさんたならぼくはとなかい【登録タグ: CUL GUMI 苺ミルクをぶっかけたら殺す。

曲紹介


歌詞

12月23日 雪積もる街外れ
クリスマスのベルが胸を締め付ける
今年も独りっきり 家族と過ごすか
それとも、寂しい人で集まるか

メールが届いた「明日予定ある?」
僕の胸を焦がす君からのメッセージ
「みんなでパーティやらない?」なんだそういうこと
ちょっと期待をして、損した気分

明日の準備する 買い出しの付き合い
「あの人何が好きなんだろうね?」「・・・知らないよ」
なんだそうか明日はきっと『好きな人』のかませ犬
冴えない僕なんかに興味なんてきっとないよね

ちょっと待ってて 君が行く 店の前で待ってる
きっと好きな人へのプレゼント 買ったんだろうな
おまたせ 赤い箱 手に持ち ご機嫌上々↑↑
君がサンタなら 僕はトナカイでいいです

君の恋はどこへ向かう ソリの向きは一直線
君のソリは 僕がひくよ 愛の望む方へ
君の恋は急降下で 加速してく星蹴散らす
君の前の 僕との距離 縮まらない


12月24日 ホワイトクリスマス
今宵は聖なるクリスマスパーティー
君は『あの人?』と仲良く笑いあって
僕はケーキをやけ食いするのだ

楽しそうに笑う姿 遠くから眺めて
その輪に入りたい でも入れない僕
「どうして来ないの」怪訝そうな君
「君の邪魔したら悪いじゃないか」

君は『あの人?』といい感じになって
楽しい声も 喜びの歌も Leave me alone
君に手を引かれ 輪に加わったけど
君がサンタなら 僕はトナカイでいいですってば!><

僕の恋はどこへ向かう ソリの向きは定まらない
君のソリは 彼がひいて 幸せの 場所へ…
僕の恋は上り坂で 減速して 星に紛れ
君の側の 僕の存在 霞んでゆく

12月25日 クリスマスも終わりかけ 残る赤い箱
「これ貰ってくれない」君が僕に 手渡すプレゼント

君の恋はどこへ向かう ソリの向きを修正して
君のソリは 僕がひくよ ちゃんとつかまっていて
僕の恋は急降下で 加速してく星蹴散らす
君の前の 僕との距離 縮まるように!


コメント

  • 追加おつ! -- 名無しさん (2014-08-22 20:47:56)
名前:
コメント: