街を飛びだして

まちをとびだして【登録タグ: Task 初音ミク 多英子

作詞:Task
作曲:Task
編曲:Task
唄:初音ミク

曲紹介

爽やかな感じ、できるだけシンプルに作りました。
さざなみの行方」って曲の続きの歌だったりします。(作者コメ転載)

歌詞

線香花火がポタリと落ちてった
鼓動の速度が邪魔したから
満員電車があなたを閉じ込めて
挫けそうにさせてしまっても

最高気温はいつでも更新中
アスファルトは揺らめいてる
最終列車に揺られてふらふらと
まどろむ街にやってきた

夏の雨の匂いがするりと髪を抜けて
くたびれた目で私を見つけたから

街を飛び出して ペダルを踏み出して
風のスピード掴んだままで
夢うつつの朝を迎え

溶け出した夏 髪を結んで
汗の滲んだシャツを脱ぎ捨て
目をつむって感じるの
今 雲にのって
季節を抱きしめて駆け抜けて

歩道橋降りて
別の角度から見た横顔は
冷たくて
ああ 肌、触れ合う度にわかる
少しだけ強く大きくなってたあなただから

夢をまっすぐ打ち返す背中を見て
寂しいようなよくわからない感情が締め付けるんだ

声を奏でて 空を見上げて
蒼の深さを目で受け止めて
これからのことも受け止めて

時計を見つめて 少し目を細めて
次はいつだろう・・・。 とあなたを見る
憎らしいほどあどけなくあなたは言う

「またいつか、こうやって過ごしたい」

帰りの電車が連れ去っていく時
改札へと消えて行く時

指を伸ばした あなたが迫った
見開いた目に私の顔が写り込んで
トキが止まって

セミが鳴いてる 鼓動も聞こえる
強がってたのはあなたのほうだって!
初めて気づいた私はもうどうしたら
どうしたらいいのかわからない

街を飛び出して
あなたに会いに来たのに
帰してくれない!
電車は遥か彼方へ消えた


コメント

  • タグとふりがなの不備を修正しました。 -- 名無しさん (2014-08-26 14:56:46)
名前:
コメント: