櫻-Sakura-

さくら【登録タグ: -K- 初音ミク

作詞:
作曲:
編曲:
唄:初音ミク(調声:-K-

曲紹介

散りゆく 花びらの様に
  • イラストはツクモ氏、動画はたらり氏が手掛ける。

歌詞

遥か遠く届かない 霧がさめた朝の古都
赤い太鼓橋の下で 一輪舞う花を見詰めた

ずっと痛む此の胸に咲いた
赤い炎の様に銀色に響く町並み
散りゆく花びらの様に

時を駆ける町を背に 夢を追い続けた頃が
どこへ儚い琴が音色 消えた微睡の中へ

月の蒼さを見る時いつも 君の肩に手を
散り逝く物にしがみ付く 櫻の花弁の様に

咲きほこる月の花
あなたの声をおもいだす いつも
駆け巡る時の花
夢の中にだけ思い続けてゐたい

風が吹けば鏤められる
涙の香り いつのまにか

紫色に広がる草原を呻吟ふ

月の蒼さを見る時いつも 君の肩に手を
散り逝く物にしがみ付く 桜の花弁の様に

ずっと痛む此の胸に咲いた
燃ゆる炎の様に春色に響く街並み
櫻の花弁の様に


コメント

  • 追加おつ! -- 名無しさん (2014-08-27 02:07:09)
  • これ好きだなあ -- 名無しさん (2015-08-10 14:44:50)
  • キレイな曲過ぎる!!めっちゃイイネ! -- 朱音 (2016-02-09 16:20:00)
  • しみるぅ -- こここここここここ (2017-01-26 21:04:57)
名前:
コメント: