雪降るプロムナード

ゆきふるぷろむなーど【登録タグ: クエン酸P 鏡音リン

作詞:クエン酸P
作曲:クエン酸P
唄:鏡音リン

曲紹介

  • あの人が見た景色を探そう。自己満足だけでもいいから。(作者コメント)
  • イラストは雪月佳によるもの

歌詞

作者ピアプロより転載)

遠く輝く 銀河の町並み
この眩しさに君はいたかな?
届かない声も 儚く消える
舞い降りた雪結晶のように

目に広がった 見知らぬ街 
信号機さえも 綺麗に見える
雪も降りそうな 見上げた空は
君の匂いを今でも埋めそう

どこまでも長い橋は
あの日々に繋ぐ気がした

遠く輝く 銀河の町並み
この眩しさに君はいたかな?
届かない声も 儚く消える
舞い降りた雪結晶のように


ひたすら歩く 長い坂道
不確かな気持ち抱きながら
あの日の笑顔を思い出すように
また世界を歩きだすために

たどり着いた景色は
優しい夕焼けに溶けた

夕日に送る 別れの言葉
いまだけわがままにいさせて
愛しているよ 愛していたよ
舞い降りた雫だけ聞いていた

手放すことも必要なのだと
そう信じてるいまだからこそ
同じソラから舞い落ちる雪
胸に締める あの日の思い出と

コメント

名前:
コメント: