水彩絵具

すいさいえのぐ【登録タグ: GUMI toma+o

作詞:Toma+o
作曲:Toma+o
編曲:Toma+o
唄:GUMI

曲紹介

  • だめな人のうた
  • toma+o氏のボカロオリジナル曲7作目。

歌詞

風は唄い僕は寂れたままのギター
融け合う程濁り続けた愛を鳴いていた

本当なんて言葉じゃ 半信半疑だよね
寄り添うばっかの君は現実主義者で
ある時ずっと抱えた 傷を突き刺して折れたナイフで
そうやって拙い声を殺してんのさ

風は唄う 本能あるがまま走ってはみたが
融け合うほど 濁り続けたアイを鳴いたんだ
単純な様で肝心な事 指を折って数えても
彗星が遠くなんだか滲んで 浮かべた涙は増えてく
光の温度 雨の雑踏 詰まりきってもう出ない色を
感じたくて 手を伸ばした それはきっと意味もなく

現実なんて大人じゃ 大体平凡でしょうがねえ
寄り添うばっかの僕は 害虫みたいで
ある時ずっと重ねた 罪を引き裂いて欠けたナイフで
そうやって拙い日々を壊してんのさ

三十回目のほうき星の尾がまた光って
それとなくチューブの蓋を取って
歪みきってくたびれた僕は友達さ
二度と覚めない夢を見過ぎたんで
年甲斐もなく正直まだ子供で
溜息も品切れだよ

風は唄い 僕は寂れたままのギター
融け合うほど 濁り続けたアイを鳴いていた
単純な様で肝心な事 紙に書いて覚えても
水性のペンはどうやら滲んで 列ねた言葉が消えてく
角砂糖はもう沈んだ 詰まりきってもう出ない色に
気づいてるさ あぁもう遅いか 今日もついてないよなって

僕の声が
浮かべてった
水彩は
線を引いて
風に乗って溶けてく



コメント

  • 間違いなどありましたら訂正お願いします。 -- 結音 (2015-01-12 15:14:17)
名前:
コメント: