花よ舞え

はなよまえ【登録タグ: IA 史ノ蘭 巡音ルカ
作詞:史ノ蘭
作曲:史ノ蘭
編曲:史ノ蘭
唄:巡音ルカ・IA

曲紹介

  • 史ノ蘭氏 の11作目。
  • 短く儚い生命だからこそ、雄々しく咲くのです。(作者コメ転載)
  • CD 『Lethal Sample』 収録曲。

歌詞

幾千々の時を乗り越え
今か今かと蕾を靡かせ
脈打つ胎動
憂い多き蒼き俗世間
行き場所を求め
彷徨い歩く人の儚さを知って

ならば 私が彩りましょうか
この身に纏う 刹那の炎で
貴方を照らすの
縁も深き大地の舞台で
所狭しと溢れんばかりの生命
咲かせましょうぞ

今宵定めの花と散るなり
色は匂えど百花繚乱
浮世に放て 君も踊れや
季節とともに息を吹き返し
遊郭の地で弁を翻し
花は折りたし梢は高し
現世は無常 だから

貴方に触れたいの
貴方を知りたいのよ
もう 後戻りできないの
最初で最後の出会いだって
誰しもそうとは思わない
踊り明かそう 来世まで

幾千々の時を乗り越え
丑三つ時に逢い引く
男女の心を写して
いざいざ舞わん乱れ雪月花
時に切なく時に激しく
身体を重ね合わせる

今世限りの愛と知るなり
流れ流るる落下流水
小舟に乗せし想い何処ぞや
真の理 理解はし難し
六道輪廻 日々に繰り返し
月に叢雲 花には風が
私に刺さる だから

私を見つめてよ
私を抱きしめてよ
まだ 満足できないの
最初で最後の出会いなんて
死んでも口に出さないで
天の羽衣 貴方にあげるわ

嗚呼はらはら舞い散る愛し花弁よ
文に認めて 貴方の元へ届かんと
ちょっと まだまだ足りない
愛のシルエット 描き出せないの
過去も未来も変わらぬ 恋の華

今宵定めの花と散るなり
色は匂えど百花繚乱
浮世に放つ君の甘露で
慕情に暮れる人々潤し
枯れた心に熱を取り戻し
柳は緑 花は紅
さぁもう一度 口吻!

貴方に触れたいの
貴方を知りたいのよ
もう 後戻りはしないの
最初で最後の出会いだって
一体誰が決め付けるの
私のホント 貴方にあげるわ

嗚呼 はらはら舞い散る愛し花弁よ
次の年もどうか ただ咲き誇りますように
でも まだまだ足りない
愛の薄化粧 隠し切れないわ
瞳に映る 恋模様

ひらひら舞い散る愛し花弁よ
またどこかで

コメント

  • いい!!! -- 名無しさん (2015-02-04 22:02:51)
名前:
コメント: