西域行

さいいきこう【登録タグ: MEIKO 稲敷常州

作詞:稲敷常州
作曲:稲敷常州
編曲:稲敷常州
唄:MEIKO V3

曲紹介

  • MEIKO V3の1周年を記念し発表された作品。
  • MEIKO V3初使用曲。
  • MEIKOコンピレーションアルバム『東雲 -SHINONO-ME-』収録の「西域を往く」(及び配信アルバム『音の迷路』収録の「西域行」)を動画用に再編製したもの。
  • イラストはkonpasu(ワタナベ)氏。

歌詞

(動画より書き起こし)

砂塵舞う沙漠の夕べは冷気を纏い
白い吐息を棚引かせ、荒野を駆け抜ける
明日になれば分かれ道を往く愛しい君
今夜だけは二人きりで盃を傾けましょう

流砂に似た時の行方は
運命分かち流れ行くけど
今は出会ったこの奇跡
思い踊りましょうさぁ早く早く

くるくると世界は廻る星空の下で
目眩く宴は一夜の夢幻
溢れ出る欲望の炎を瞳に宿し
踊り明かそうこの世界の果てで共に

棄てられた故城の上で君が吹く笛は
故郷の歌に良く似て、胸を締め付けるの
西の方傾いた月を瑠璃盃(グラス)に写し
飲み干して荒野に寝転び琵琶を掻き鳴らそう

君の笛は優しすぎて
ずっと聴き続けたいけど
大きな夢を追い行くなら
一夜逢瀬を楽しみましょう今は

くるくると世界は廻る月明かりの下で
めくるめく恋は刹那の夢幻
燃え上がる熱情の炎を胸に抱いて
踊り明かそう朝の光が包むまで

くるくると世界は廻るその手を振り解き
目眩く現世(げんぜ)は一睡の夢幻
忘れ得ぬ思い出を永久に心に刻んで
旅立とう朝日とともにあの空の下へ


コメント

名前:
コメント: