みかぼし

【登録タグ: KAITO 篁惺
作詞:篁惺
作曲:篁惺
編曲:篁惺
唄:KAITO

曲紹介


歌詞

孤独なら傍にいて 涙なら抱きしめて
凍てつく悲しみは 力に変え乗り越えて
彷徨い立ち止まる時 導くしるべは
明空に消えゆく最後の光

誰もが欲しがるのに信じようとしない
楽園は籠のなか 歪に沈んでゆく
時空を翔け廻る鳥よ 知っているなら
教えてくれないか “I”の意味

この痛みの果てに 今落ちてゆく都市で
地に堕ちても構わない 
誰にも奪わせはしない

この道の先に 夢なんてないと
誰もが嘲笑ったとしても
この目に映る 真実のかけら
その手に強く翳して 切り開け
孤独な旅路は続いてゆく

宵闇に出てし あの星は
如何に夜を生き抜くのか
消えることのない光が欲しい

孤独なら傍にいて 涙なら抱きしめて
凍てつく悲しみは 力に変え乗り越えてゆけ

この痛みの果てに もう落ちてゆく都市で
見上げれば今も 貴方の色がまだ見える
地に堕ちても構わない 穢れなきしるべは
夕空に消えゆく最後の光
僕らを繋ぐ太古の光


コメント

  • ああああ;;;大好き!!!! -- 名無しさん (2015-02-23 01:53:57)
  • 太陽と月が繋ぐ希望と星の歌。と思っている。歌い出しから震える綺麗で強い歌声が希望の力強さの様で大好きだ。 -- 名無しさん (2015-10-12 04:48:59)
  • アニメOpみたいだね D→D♭→Dの転調がとても感動する! -- 腐ッタ茄子 (2017-04-23 08:08:14)
名前:
コメント: