かくれんぼ > すずきP

【登録タグ: すずきP 神威がくぽ

作詞:斎藤緑雨
作曲:すずきP
編曲:すずきP
唄:神威がくぽ,がくこ

曲紹介

  • 明治時代のジャーナリスト、斎藤緑雨による小唄のいくつかをコラージュして、曲をつけました。(投稿者コメントより)
  • Pの他の楽曲とは少し毛色の異なる作品である。隠れた名曲。
  • がくぽとがくこは兄妹だったらしい。

歌詞

泣けといわれてホトトギス
暗闇にうっかりと泣かれもせぬが
泣くなといわれりゃせきあげて
うるさ世にままならぬ涙ひとつよ

おまえ出(いず)る月
わしゃ没(はい)る月
眺め明かそかと約束したが
ひとり寝た夜の朧な夢か
やがて時経ちゃ霜が置く


月に寝たのはいましがた
夢も香も 胸の苦も 仮の化粧よ
憂いもつらいも古めかし
うるさ世にままならぬ笑顔ひとつよ

白い蝶々は恋知らず
花に寝ぬこの身のさりとては
まだも明けぬとこの手枕に
眠るそばから風の音

痩せてやつれてなか絶えて
あかぬ別れに泣けよかし


コメント

  • とりあえず一万めざせ!! -- 名無しさん (2013-03-23 13:21:59)
名前:
コメント: