L∞P

作詞:クインズマフィー
作曲:リモネン
編曲:リモネン
唄:IA

曲紹介

  • 1作目。

歌詞

冷たく 静かな 森の中 深い 眠りから 目を覚ます
辺りに 見えない 人の影 とにかく 進んでみてから 考えよう
不気味な 臭いと音 纏う 黒い 建物が 聳え立ち
辺りの 妖精 吸い寄せる どうして 彼等は 俯き 歩くのかな

上から 見下ろす 雇い主 鋭い 視線を 突き付ける
ただ 従う事を 強いられて 今日も 同じ事の 繰り返し

響く 鐘の音 運命(さだめ)のように 主の為に 言われるがまま 積み上げる
次に控える あなたの為に 僕は 自由を 諦める

響け 鐘の音 想いをのせて 身の為に すべてを忘れ 目をとじる
夢を叶える その日の為に 僕は いますぐ 立ち上がる

幼く 小さな 住人に 名前 聞きたくて 声かける
それでも 邪魔する 見えぬ壁 少しは この地の 言の葉 身に付けよう
ほのかな 匂いで 空覆う 交わした 杯 桜の木
癒しの ひととき 此処にある こうして まだ見ぬ未来(あした)の 夢を見るの

儚く 散りゆく 花びらは 癒しの 終わりの時 告げる
また 規則(ルール)と時に 縛られて 今日も 同じ音の 繰り返し

響く 鐘の音 運命(さだめ)のように 主の為に 言われるがまま 運び出す
次に控える 誰かの為に 僕は 自由を 諦める
届け 言の葉 想いをのせて わの為に ココロの中を 打ちあける
ともに 一歩を 踏み出すために 明るい明日の 夢を見る

森から 抜けだす 帰り道 眩しい 青空 照りつける
ただ 後ろを向くと いつもの音 明日も 同じ音の 繰り返し

響く 鐘の音 運命(さだめ)のように 主の為に 言われるがまま 積み上げる
次に控える あなたの為に 僕は 自由を 諦める
届け 言の葉 想いをのせて 輪の為に 心の中を 打ちあける
ともに 一歩を 踏み出すために 明るい明日の 夢を見る

コメント

名前:
コメント: