ミゼレーレノービス

みぜれーれのーびす【登録タグ: オカメP 初音ミク
作詞:オカメP
作曲:オカメP
編曲:オカメP
唄:初音ミク

曲紹介

  • オカメP の75作目。
  • タイトルになっている「miserere nobis(ミゼレーレ・ノービス)」とはラテン語で「我らを哀れみたまえ」という意味。
  • イラストは Ruuya氏 が手掛ける。
  • 2nd WEB LP 『Lamento』 収録曲。

歌詞

闇に浸された心は
花も咲けない 野の草の様
摘み刈られる定めだから
寂しく 侘びしく そよいでいる

例えば空想(そら)は 浮かぶその希望 望みは
痛みに言葉詰まらせる この歌は

何を求めてる?
壊れた心は 息をするのも苦しくて
夢を見ているの 遠い日の過去を
問いかけても 追いかけても
見えるこの命 滲み汚れてる
消したくても 消えなくて そう何もできない
目を閉じて願うの ミゼレーレノービスを
夢のように儚げな 安息と最後の時を

与えられた その命に
与えられる意味も分からずに
崩れ落ちては 死を夢見
静かに怯え 震えているの

縋(すが)る望みは 虚ろに咲く花の香りの様に
溺れ溶け巡る その先に

何を求めてる?
壊れた心は 生きてる意味も分からない
今を見ているの 理想の欠片と
叶うことのない現実(リアル)を
見えるこの命 滲み汚れてる
消したくても 消せなくて ほら何もできない
目を閉じて祈るの ミゼレーレノービスを
眠るように幸せな 安息と最後の時を

コメント

名前:
コメント: