神に捧ぐ不機嫌の花束

かみにささぐふきげんのはなたば【登録タグ: GUMI ちんたら
作詞:ちんたら
作曲:ちんたら
編曲:ちんたら
唄:GUMI

曲紹介

  • ちんたら氏 の11作目。
  • イラストを Kor氏 が、動画を すこっち氏 が手掛ける。ギターは のら氏 が演奏。

歌詞

さあさあ 今直ぐ僕を撃ってみて頂戴

独り遭難 都会の街で 其処は既に混沌の中
嗚呼、祭は何処だ 最早神頼み 今だけは

演技茶番と知っても 祈りを捧ぐ厚顔無恥に
良いか ゆめゆめ死ぬな 時は金なり 戦国乱世
一二三と四の五の言ってる暇は無えだろ

もう次の戦場は愛の旅籠(はたご)だね いっそ

マイクを齧って深呼吸 奏でるは綺麗な嘘
ああ、マクガフィンは今宵も眠れない  朝顔が泣く

飾り付けた品性と今日の日は露と消えて
脳裏に影が咲くだろう
この白昼夢が僕らを蝕んで来ても
街は騒いだままで 僕の音を掻き消してまた笑う

おっ死にそうだ 孤独な現世 恨み辛み 魑魅魍魎と化し
脳内麻薬を完備 それじゃ雨天決行 走ってよ

特急列車に揺られ 振替出勤 朦朧として
こんな無粋な時代 前へ倣え 踵を踏む
多忙 絶望 纏い 空騒ぎと非情に死に掛け

聖人君子の君も 義務を果たせず 息を殺してね

最後は抓(つね)って痛み分け 見上げれば ひつじ雲
乾き切った指を舐めては酷く 朝顔と泣く

燃え尽きた 愛と灰のメロディー 鞄に詰めて
向かうは地獄のファンタジー
もう桃源郷は死んだって
妄想の地図を頬に縫い付けてた

破り棄てた 人生の欠片に お手紙添えて
読まずに食べてみて ねえ
この殺風景が世界を覆い尽くしても
電車達は走る そう毎日唯走る
僕だけは歩いて行くよ
繋いでた この右手を見つめて

コメント

  • いい! -- 名無しさん (2015-04-03 18:50:11)
  • ヤバい! -- 名無しさん (2015-04-03 20:42:55)
  • めっちゃかっこいい! -- 名無しさん (2015-07-24 14:47:45)
  • かっこいい!評価されるべきだ、、、 -- 名無しさん (2016-05-12 18:10:22)
  • もっとたくさんの人に聞いて欲しい! -- 名無しさん (2016-06-13 21:21:27)
  • 殺〇の天使と合いそう!!!クソかっこいい!!! -- 名無しさん (2016-08-03 12:32:45)
  • 超かっこいい -- 名無しさん (2016-09-11 19:07:32)
  • もっと評価されるべき! -- 名無しさん (2016-10-26 21:29:33)
  • この曲まじで神曲! -- 名無しさん (2017-08-13 10:54:48)
名前:
コメント: