カランコエの話

からんこえのはなし【登録タグ: ちんまりP 初音ミク

作詞:ちんまりP
作曲:ちんまりP
編曲:ちんまりP
唄:初音ミク

曲紹介

『咲かない花に恋をした話』

歌詞

見慣れた駅
遊歩道まで二人、幸せそうだ
ゆっくりでいい 時間はかかる
だから、解けていけ

「大丈夫。何も変わらない」
あなたは嘘をつけないね
カランコエの花 迷っては
何も捨てられずに揺れる

枯れた花の名前はまだ覚えてないかな
それでもね
君がいつか大人になったら
少しでいい、私が生きれる場所をくれますか

生暖かい肌を寄せ合う
偶然がまた本物になるまで

得意じゃないよ
作り笑いが上手くなっていったね
ほら、また恋の古傷、心臓を掴むけど
最果てに君がいてほしいな

重ねた唇 微笑む朝
楔がまだ消えない朝

もしも君がこの手を拒んで
歩くならそれでいい
抉るようにまた
添えた花はいつかのあなたを重ねて
涙の雨を浴びて育っていく

傍に座り、囁くのは
優しさと愛で固めたもの
一人分の心の部屋
無理やり詰めては泣くのでしょう

叫ぶ言葉、涸れた声では触れない
これはカランコエの痛み
肌に触れて、体温に気づくまで
響け、届け、小さな約束
求めて、許して、咲かない花に恋をした話


コメント

  • 感動しました。美しいのは全体としてですが、最後に訴えかけるような力強さを感じました。大好きです、 -- 名無しさん (2015-06-20 22:07:50)
名前:
コメント: