真夜中のミネヴァ

まよなかのみねう゛ぁ【登録タグ: equi 初音ミク 巡音ルカ

作詞:equi
作曲:equi
編曲:equi
唄:初音ミクV3・巡音ルカV4X

曲紹介

  • ミネヴァはローマ神話の女神ですが、ハラショーコが誰なのかはえくいも知りませんw(作者コメ転載)
  • イラストは 蝶夜氏 の作品を使用。

歌詞

鉄道は終点を越えてなお上昇中
薔薇香る道
今また流星の降り注ぐ銀河へ
夢散りて手探り

落日のミネヴァ
話を聞かせてよ

まだフクロウ 暗闇を飛んでるよ
ずっと遠くすっといなく
このフクロウ 大空で星となり
あっという間☆ヒューマン

歌えば聴こえるミューズの教えが煌く夜明け前
暗くて見えない虹越えて
星屑散らしたその後
ケサガタセカイノコトワリミツケタ

停車駅 太陽の光にとけて
無重力漂う火中
月影迂回してもなおも進行中も
行き着く果てアトロポス

地に落ちるミネヴァ
翼を広げてよ

まだフクロウ 真夜中を飛んでるよ
きっと遠くきっといなく
このフクロウ 永遠の知恵を知る
ネットでは「は?」としてら(・∀・)?

理屈を越えてく空気を切り裂くハヤブサ零戦化
静寂の結びに縁とし
運命線からさあバンジー
アナタモウチュウノシンリヲサケベヨ
ハラショーコ!

地上では宇宙へと想いを馳せる。
センチメンタル? ロマンチスト?
海は生命の母にして、人は海に帰らず。
それに倣えば、知恵は技術を産み、
その恩恵は知性に還ろうか? あに還らんや

このフクロウ 俗世を離れてく
あっちではボッチゆうてらΨ( ` ▽´)Ψケッケッケッ

コメント

名前:
コメント: