陰追い

かげおい【登録タグ: Wato 灯下はこ、 蒼姫ラピス

作詞:灯下はこ、
作曲:Wato
編曲:Wato
唄:蒼姫ラピス

曲紹介

ピアノ×追想劇。逃げのびて。つかまえてしまう前に。
  • 前作の「街灯」以来、二年半ぶりとなる Wato氏 のオリジナル曲。
  • また、Wato氏 の初の蒼姫ラピス使用曲でもある。
  • 作詞を 灯下はこ、氏 が、イラストを Jecy氏 が手掛ける。
  • コンピCD『トキハカシノカミ』収録曲。

歌詞

終わらない夢中で 白濁の(そら)へ昇る
果てもない螺旋で 君を追い 闇(はら)う路
迫る 黒い陰の足取りと
優しい光 纏って行くひとの 懐かしい背中

此処から 何処かまで 逃げ出したくて
汚れた末路が(かげ)り 足は(もつ)
靴底から 渇望の風が耳鳴る
囚われ 光 目指した 二人ぼっちの逃避劇(エスケープ)

終わることのない夢 終わらせ方を教えて
果てることのない螺旋 息を切らし昇り 足掻(あが)いて
此処から明日へ逃れるなら 傍らに
艶めく闇に一人きりで息絶やす 孤独を()りたくない

背後に踊る陰 踏み外す路
先を走る 灯りの(こえ)も知らないで
白の螺旋 黒に(はら)まれ 誰が
誰が最期まで わたしのことを愛しますか

踊り場 止まる影法師 責めるように
黙り込んで見つめてた

辿り着く 君の背に 触れて抱き留めて 刹那
消えた陰 闇染めの指は私 御終いへ
落ちていったのは (わたし) (私)

終わらぬ螺旋 駆ける背を
逃がせず 逃がさずいた この(からだ)が陰
今なら解る 君は私を愛さない
不意で時止めた瞳

私だけが居る 此処だけが在り 何も無い
冷えた闇 纏って逝くひと
最期まで私 私は君を愛したい
一人ぼっちの逃避劇(エスケープ)


コメント

  • はやいww -- みえ (2015-05-23 16:08:11)
名前:
コメント: