夕焼け歪む

ゆうやけゆがむ【登録タグ: IA

作詞:朝飛 縁
作曲:
編曲:
唄:IA

曲紹介

子らや子ら、そんな楽しげに何処へゆく

歌詞

piaproより転載)

干乾びた稲持った
影法師が伸びる
ゆらゆら揺れて
首は折れた

烏等の子守唄
泣きじゃくる子供よ
蛙の唄は
聞こえないか

見えなくなる
人の貌を
覗いたなら
何が見えると

紅に浮かされる様に

魔ッ赤ニ燃エタ

蜻蛉が飛び惑う程に
ほら
夕焼け歪む


待ち惚け食わされて
熟れた柿が一つ
恐々齧る
鬼は涙

同胞の睦み合う
はしゃぐ声も失せた
帰れないのは
迷い子だけ

手を引かれて
誘われた
鳥居の中
狐が笑う

暗がりに繋がれる前に

魔ッ赤ニ燃エタ

篝火も驚き逃げたぞ
そら
夕焼け歪む

コメント

名前:
コメント: