さよなら、君との最後の春に

さよならきみとのさいごのはるに【登録タグ: GUMI アオトケイ
作詞:Fuji(141hP)
作曲:Fuji(141hP)
編曲:Fuji(141hP)
唄:GUMI

曲紹介

春に始まり、春に終わる。それが青春なんだから。
  • Music&Movie:Fuji(141hP)、Bass:はるちん、Illust:うらたあさお、tissue、EL、Fuji
  • ミニアルバム『canvas』にはルカバージョンが収録されている。

歌詞

PIAPROより転載)

白い紙に刻んできた君と僕のらくがき帳が
最後の1ページを迎える
ふわりゆらり風に揺れる
君の髪と桜の木が
眩しくて僕はいつしか泣いていた

最後だからちゃんと。付けて
空の下で君とずっとずっと
力一杯君を抱きしめて
春が過ぎていく...


響く鐘の最後の音
羽を広げ飛び立っていく
白くて知らない世界の未来へ
離れていく君との距離
僕は「好き」と言えなかった
大きく手を振るしかできなかった

別れていく2つの路を
辿りながら最後の春に会いに行く

溢れ出した涙を拭って
空の下で君とずっとずっと
力一杯君を抱きしめて
春が過ぎていく...

いつまでも…


コメント

名前:
コメント: