影星

かげぼし【登録タグ: 巡音ルカ 穂塚ミカ

作詞:穂塚ミカ
作曲:穂塚ミカ
編曲:穂塚ミカ
唄:巡音ルカ

曲紹介

  • 穂塚です。3作目です

歌詞

終わりの来ない夜は
独り膝を抱えて
窓の向こうの闇に
遠く思いが巡る

信じられるものは
この目に映るものだけ
私の答えを握り締めて

手を伸ばしても届かない
夜空の果ての星たちが
嘲笑うように輝いて
私を導いて行くの?

そしてまた未来は
Ah~待ち受ける世界は
何度もつかんだ真実だけ

輝く一片も
永久の明日には無く
待ち受ける消滅と
隠せずにいる焦燥

いつか醒めていく夢
枯れない花を探して
私がどこにいるのかさえわからず

走り抜ける世界が
暗闇に閉ざされていくなら
私の中のその真実は
私を縛り付けるの?

そしてまた未来は
Ah~あたらしい世界は
何度でも繰り返していくだけ

手を伸ばしても届かない
夜空の果ての星たちよ
輝きを失う前に
私を導いてゆけ

駆け出すその足音だって
私を追いかける悪魔
振りかざす真実さえ
私を惑わせていくの

そしてまた明日は
Ah~そこまでの未来は
私自身を映しているだけ

手を伸ばしても届かない
夜空の果ての星たちよ
砕け散る前に私を
導いて安らぎへ


コメント

名前:
コメント: