Silk

【登録タグ: KAITO S 乱数P

作詞:乱数P
作曲:乱数P
編曲:乱数P
唄:KAITO

曲紹介

  • 病気で入院している女の子の心境を歌った歌というのは表向き、でも実は・・・・(?
  • KAITOが変態なPの毒牙にかかるとこんな声になります

歌詞


目覚めたての白い世界 パッと輝いて
全てのものは命にあふれ 元気に動き出すよ
私はまだ狭い部屋に 閉じ込められて
まだ抜けてない熱下がるまで ここから動けないの

窓の外に広がる青い空 手を伸ばせば届きそうだわ
雲が空を流れて鳥は羽ばたいて そんな当たり前な午後

シルクのシーツを蹴って 今すぐここから出て
大自然の空気を 胸いっぱい
吸い込むことできたら とても気持ちいいはず
でもそれは出来ないの はやく治らないかな


時の流れすごく遅い コマ送りだね
世の摂理から取り残されて 凍らされたみたいよ
点滴がまだ終わらない その間はね
天井のしみ数えるだけで 飽きたら眠るだけよ

目が回るお薬の副作用 ただひたすら我慢をするの
それを乗り越えた先に待ち構えてる バラ色の未来のため

シルクの糸巻かれて 繭になった私が
綺麗な蝶になって 大空へと
優雅に羽広げて お色気振りまいちゃって
ひらひらと飛んで行く そうなる日も近いわ


太すぎて困っちゃうダイレーター 痛くてもやめるのはダメよ
やがて私の前に王子様が来る もうしばらく待っててね!

シルクのランジェリーに 身を包んだ私が
男たちの視線を 独り占めよ
清楚系ビッチへと クラスチェンジしたなら
女王への階段を 少しずつ上るのよ

コメント

名前:
コメント: